1985年の思い出~幻の名門「秀英教育センター」~

今回は1985年について振り返ってみます。

当時、筆者は中学3年生。「高校受験」にささげた1年でした。

中学は地元の公立に通っていたので受験というものは初めての経験。勉強方法もよくわからず、友達に誘われるがまま、「秀英教育センター」という塾に通い始めました(ちなみに、「秀英予備校」とは全く別物です)。

この塾、結構レベルが高く、その後、東大に進んだ人も数多くいます。

市ヶ谷の「一口坂」に本館を構え、ここに通えるのは一握りのエリートのみ。筆者は当然ここには入れず、同じ市ヶ谷でも番町学園通りにある上智大学市ヶ谷キャンパスに通っていました(当時、土日に学習塾に教室を貸し出してた塾は多かったようです)。

帰りに市ヶ谷駅前の「カレーの王様」によく立ち寄ってたなー。店員の目を気にしながら、トッピングのチーズを山もりぶっかけていたのが懐かしい。

残念でならないのは、この塾、理事長の逝去とともに閉鎖になったこと。他塾に承継したわけではなさそうなので、「廃業」というやつですね。塾生用のテキスト「秀英・英語」は本当によくまとまっており、せめてこのメソッドだけでも承継してほしかった。

先日、所用で市ヶ谷に行ったんだけど、上智大学市ヶ谷キャンパスは取り壊されていました。

「あれから40年経過するんだからしょうがないか」・・・・なんて思いながら市ヶ谷駅に行くと、「カレーの王様」は健在!

もちろん、内装もメニューも変わってしまったけど、お店そのものが存在していたことが本当にうれしい。一気に40年前にタイムスリップした気になりました。

コメント

  1. sexax より:

    yandanxvurulmus.XHXM0IsIyPsn

  2. UtnvBrash より:
タイトルとURLをコピーしました